文学女子に食べられる

文学女子に食べられる

【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC-SEO

 

 

主人公の男子大学生は、同じ文学サークルの後輩女子のことが気になってた、…仲良くなりたい…と。

 

 

彼女は線が細く可愛いのですが、いつもほとんど口を開くことなく俯いていて何を考えているのかわからない。

 

 

あまりに無口で反応がないので影が薄く、彼女は空気のようだった。

 

 

主人公も影が薄く、皆の輪に溶け込めずにサークル室で本ばかり読んでいた。

 

 

その後輩女子も余程本が好きなのか、いつも黙々と読書をしていてサークル室で二人きりになることが多かった。

 

 

サークル室で二人きりになることの多い空間の中で、主人公は後輩女子のことをずっと意識していた。

 

 

だけど主人公は地味で人見知りな性格なので、この歳まで女子と付き合ったことがない。

 

 

自分に自信が無い主人公は、後輩女子ともっと仲良くなれたらという妄想ばかりを繰り返していた。

 

 

そんな悶々とした日々を送っていたある日、なんとその後輩から飲みに誘われる。

 

 

あの無口な後輩が飲みに誘ってくるなんて…、主人公はとても舞い上がっていた。

 

 

そして、まさか…あんな事になるなんて……

 

 

タイトルの「文学女子に食べられる」のとうり、主人公はチ〇ポもア〇ルも後輩女子に優しく支配される…彼女は変態だった…!?

 

 

↓試し読みはこちらから↓

文学女子に食べられる